読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多読が続かないとき:奥の手

f:id:nina7:20160418102802p:plain

日本語でそもそも本を読まない人が多読を頑張っても難しいはずです。結局のところ読書が好きでなければ日本語であろうと英語であろうと続かない。

私自身本をそんなには読まないので、活字アレルギーとまでは言いませんが、多読をし続けると辛くなるときがあります。

継続するための秘訣は以下でも書きましたが、息切れしたときの解決方法を考えました。 

 

 

その私なりの解決方法は、「日本語を読む。」でした。

実は英語多読を続けていると読むスピード自体が早くなっていることに気づきます。これは日本語の読解スピードも同時に上がっているんです。何故かはわかりませんが、連動しているように感じます。

そのため、一度英語多読で息切れした際は、日本語の本を1、2冊挟むと効果的です。日本語なのでこれまで以上に早く読めるし、そうなると読むこと自体が楽しくなってきます。

日本語の本で勢いをつけたら、また英語多読に戻ってみて下さい。息抜きになって、再開の気運も高まるはずです。